2010年09月08日

ツイッターノベル9/1〜9/7

整理すると
シコースキー ロッテ-巨人-帰米-ヤクルト-ロッテ-西武
オーティズ オリックス-ロッテ-メキシカンリーグ-ソフトバンク
フェルナンデス ロッテ-西武-楽天-オリックス-西武
ラロッカ 広島-ヤクルト-オリックス

シコースキーとラロッカのヤクルト時代の記憶がない。

9/1 157
 時折部屋の湿度が上がる。窓は開けているし扇風機も回している。誰かがいるのだ。それも一人ではなく五、六人が。目を瞑り耳を澄ませば息遣いも聞こえる気がする。蒸し暑さに耐えられなくなると僕はトランクスを下ろして自慰を始める。気を遣って「彼ら」はどこかへと帰ってくれる。

9/2 158
 ええ、包丁を落としたのは私です。百円ショップで買ってすぐに。昔から粗忽者でして。それを拾った子供が、いじめっこを刺してしまったのは不幸な事でした。刑事さん、私は何かの罪に問われるのでしょうか。ところで、あと二千本程の包丁を各地で落としてしまっているのですが……。

9/3 159
 私には父がいない。そして乳がない。母は普通にあるというかかなり大きめなのに娘の私はAもない。これは父親がいないせいだ。身近に異性がいなかったから女性ホルモンの分泌量が少なかったのだ、と母に主張すると「お父さんも胸なかったよ」と切り返された。遺伝なら仕方ないや。

9/4 160
 漢字小テストが終わった後、一問書けなかったので隣の子に訊ねた。彼は机に答えを書いて教えてくれた。休み時間、机に残されていた漢字を見つけたいじめっこが、カンニングではないかと彼を責めた。違うよ、と言って彼を庇えたのかどうか、二十年経った今では思い出せないでいる。

※ノンフィクション

9/5 161
 早朝に散歩して物を拾う。夜の間に落とされ暗闇の中で見失われた物も、朝の光の前で露わになる。折れた携帯電話や耳付きピアス、恨み事しか記されていない日記帳。それらを拾い集めながら、同じように落とし物を収拾する少女を今日は見ないなと思っていたら、彼女自身が落ちていた。

9/6 162
 現場の勝手が分からずおろおろする可愛い上司と、小さな事ですぐ切れる少年のような心を持った上司と、仕事は出来るがデブでハゲで腋臭の上司がいる。一人を選べず全員と付き合っていると、優しいだけの上司に叱責された。どうして何の魅力もない人でも言葉を使えてしまうのだろう。

9/7 163
 お住まいはどちらですか。肥後ですか。肥後のどの辺り、ああ熊本ですか。で、熊本の船場と。船場山には狸がおりますね。猟師が狸を撃ちますよね、煮て焼いて食います。あれ美味しいですよね。その後は木の葉を被せて……ああはい、調査は終了です。次の方、お住まいは籠の中ですか。



posted by 泥辺五郎 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

ツイッターノベル8/25〜8/31

温度計付きの時計買ったら、暑さピーク時の室温は36.5℃あったよ! 体温だね! 人肌が恋しくなる心配もなくなるね!


8/25 149
 生まれる前に出会った小さな女の子が僕の初恋の相手だ。後から聞いた話では二卵性双生児の妹で、僕のように大きくはなれなかったらしい。言葉を持たない僕らはただ笑い合っていた。生まれる頃には既に彼女の鼓動は聞こえなくなっていて、外に出た途端僕は悲しみのあまり泣き叫んだ。

8/26 150
 交通費節約のため職場に一時間半かけて自転車で通うおばちゃんがいる。治安の悪い地域も通るので「物騒じゃないですか」と聞くと「何度か危ない目遭うたけど、そこはこうやって、こう! で助かったわ」何故かおばちゃんは拳銃を撃つジェスチャーをし、僕もそれで納得してしまった。

8/27 151
 朝から軒先で父が寝転んでいた。震える手でちびちびとワンカップを口に運んでいる。「父さん、そんな所で寝たら死んじゃうよ」と呼びかけると「うるせえ、お前なんか産んだ覚えはねえ!」と怒鳴られた。「産んだのは私だよ!」と屋根の上で酔っ払っていたらしい母の声が降ってきた。

8/28 152
 各国に傭兵部隊として重宝されているネパール軍人には、彼ら独特の規律がある。若年兵訓練時に上官の言うことをあまり聞かなかったり、格闘訓練中に相手を殺してしまった場合、罰として耳たぶ下部を切り取られる。しかし部隊長に出世するのはほとんどそんな耳たぶ切られ組だという。

153
 隣家のお婆さんと立ち話をする。「洗濯機買ってまだ三年なのに壊れちゃって」「家のは二十年持ちましたわ。でも壊れる時は呆気ないもんでしたわ」翌日、隣家でお通夜があった。嫁いできて二十年になるお嫁さんが亡くなったという。お婆さんが「洗濯板、探さな」と呟くのが聞こえた。

8/29 154
「回し蹴り行くよ」彼女の蹴りを思わず腕で防いでしまう。しかし続けて放たれたローキック一発であえなく僕は崩れ落ちた。浮気をしたのは彼女の方なのに、浮気させる甲斐性なしとして僕が責められている。マウントポジションを取った彼女が平手で僕を打つ。そろそろ寝技の時間だ。

8/30 155
 刑場前の広場に集まる人混みにいつも酔う。周りの大人達は興奮し、罪人に悪態を浴びせ、拳を突き上げる。子供の僕には執行人もギロチン台も見えやしない。ダン、ゴロン、という音の後、群衆は一瞬静まり、次いで悲鳴や喝采の声があがる。先程までと違い、やや演技臭い大仰な声が。

8/31 156
 道で倒れていた女の人を助けて近くの病院まで運んだ。翌日一匹の猫が我が家を訪ねて来て「昨晩助けていただいた女です」と自己紹介をする。「恩を返します」「何が出来ます」「猫ですから、可愛い仕草とか」以来猫は家に住み着いて一日中寝ている。可愛い仕草で食事を要求してくる。 

posted by 泥辺五郎 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

ツイッターノベル8/18〜8/24

レイバックさんという方がToggeterで「ツイッター小説 お気に入りセレクト」という企画をされており、いくつか僕の作品が紹介&寸評をいただいております。他の方の作品も粒ぞろいなのでお勧めです。 http://togetter.com/id/laybacks


8/18 142
「私は貴方を愛しています」「私は貴方を必要としています」「私は貴方が欲しい」三人の若い美形貴族がかぐや姫に求婚した。彼らは無理難題を出され世界各地に散っていった。その間にかぐや姫は「姉ちゃん、めっちゃ好きや」と言い寄ってきた関西人のおっさんと夫婦になったそうな。

8/19 143
 暑くなると屁を漏らす女であった。生まれつき体温調節が苦手で、犬が舌を出してハッハッとやるように屁で体温を逃がしていたのだ。同衾中も絶えず漏らした。別れた原因も屁であった。街で見知らぬ男と歩いていた女は、私には聞かせたことのない爆音の屁を鳴らし続けていたのだった。

8/20 144
 アドレス帳の一つ下のと間違えて携帯から自宅に電話をかけると、無人のはずなのに人が出て、私の苗字を名乗った。「五郎さんはおられますか」と聞くと「私ですが」思わず叩き切る。今私がしたような不審な電話がよく家にかかってきていたのを思い出した。帰宅すると私はいなかった。

8/21 145
 双方目隠しプレイに凝っている。互いに手探りでむさぼり合う。暗闇の中で五感は研ぎ澄まされ、肉体は過剰なまでに敏感になる。美男美女同士でなくとも何の不満もない。ただ、時折あるはずのない「三人目の手」に触れられることがある。目隠しを取ってみても部屋には二人しかいない。

8/22 146
 夏休みは人を変える。新学期初日、教室に集まった級友の中で、変わり映えしないのは僕だけだった。身長が50cm伸びた人、子供を産んだ人、結婚した人、離婚した人、日焼けしすぎて焼死した人などがいた。それでも昼休みになるとみんなドッジボールの場所取りに駆け出していった。

8/23 147
 生まれて初めて空を飛べた鴉の雛は無知ゆえにどこまでも飛翔した。大気圏を抜けて宇宙に飛び出し、人工衛星に辿り着いた。真空中で凍り付くことを知らない雛も喉の渇きは自覚出来たので、水色の惑星に向けて飛び降りた。帰還して親鳥に叱られた彼は二度と地球を出ることはなかった。

8/24 148
 今働いてる工場では工員の能力をA〜Fランクに分け、急ぎのラインは上位ランカーで固めるなどの工夫をしている。ある日Gランクの人が一人でラインを任されており、駄目工員過ぎて一日中掃除なのかな、と思ったが一人で十人分の働きをするゴッドハンドのGだった。手も十本あった。

posted by 泥辺五郎 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。