2010年09月25日

ツイッターノベル9/15〜9/21

まとめるのを忘れてた。朝にいろいろするようになった。腹筋鍛えるという決意は忘れてた。眠くなった時に眠るようになった。


9/15 171
 彼女の性器を覗き込むと、五年前行方不明になった父が居た。思わず「こんばんは」と他人行儀な挨拶をした。彼女に告げると、二年ほど前先輩から譲ってもらった膣内ペットだという。彼女の中に入れると筒先をくすぐるものがあった。さっき見た父の顔は幸せそうだったからまあいいか。

9/16 172
 情報通を自認する知人がいて、どこの課の○○は〜、隣のビルの警備員は〜、と知る必要のない人物の事までぺらぺらと喋る。ある時話しているのが僕だというのを忘れて僕の情報を開陳し始めた。気配りは出来るが女の人の尻を目で追う癖がある変態、と言うのでうんうんと頷いておいた。

9/17 173
 クラス内で「逆襲のシャアごっこ」が流行した。ドッジボールに核爆弾を混ぜて投げたりするんだけど、クェスの真似して宇宙服着ないで宇宙空間に飛び出す奴が出て来て、学校から禁止令が出されてしまった。現実と虚構の区別がつかない人をごっこ遊びに入れると台無しになってしまう。

9/18 174
 現場を見ないで判断しないでくれ。製品のあがる量が少ないのは、資材の質が悪かったり、機械が慢性的なトラブルを起こしたり、ベテランの人が病気で抜けたり、俺がサボったりしているせいだ。それを「現場の連中がトロいから」などと勝手に決めつけるな。いいか、悪いのは俺だけだ。

9/19 175
 ダンスフロアに仕掛けた爆弾が弾け、僕は爆音と閃光に包まれた。ブギー・バックはステージで微笑みながらベースを弾き続けていた。床に転がるまだ息がありそうな誰かの喉を別の誰かが踏み潰した。悲鳴と絶叫が響く中、ブギー・バックのベースラインに合わせて僕は体を揺らし続けた。

9/20 176
 神童と騒がれていたSも東大に入るのに二浪したし、ピンポンダッシュ選手権で世界一になったNだって正式な陸上競技では五輪で銀メダル止まりだった。天才も二十歳過ぎればただの人っていうけど、俺達凡才は二十歳過ぎたらただの肉なんだよな。俺の缶詰、買ってくれる人いるかなあ。

9/21 177
 業績が悪化して仕事が減り、それでも社員に定時前に帰らせず、社内を掃除させた。当然社員は次々と辞めていったが、掃除のプロは育成され、傾いていた社は清掃会社として生まれ変わった。それがダスキン設立秘話なんだけど勿論嘘だ。四日連続残業なしだと不安になって仕方ない。




posted by 泥辺五郎 at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕らはみんな死んでいくはいつになったら更新するの?
とりあえず放置しないで完結してくれ
Posted by y at 2010年09月28日 00:20
既に最後までプロットは出来ていて、でもそれでいいのかと迷うところがあって、変更するにもまたそれでいいのかという別の葛藤もあったりして。
また別な理由として、あの話の登場人物は全員あまりに自分の分身過ぎる、という気もします。一人称だとそうなりがちなので、これから新作を書くならば、三人称で書くスタイルに変えようかな、とも思っています。
さらに言えば、当初はあの話の完結と同時に新都社を去るつもりだったのに、ずるずると居座っているのも問題かもしれません。

でもそれらは全部作者側の問題で、読者のことを考えたものではないですね。傲慢ともいえるかもしれません。今ちょっと執筆時間帯の習慣などを変えている最中なので、安定してきたら書き進めていこうと思っています。
長くお待たせして申し訳ありません。
Posted by 泥辺 at 2010年10月03日 09:09

今まで縁なんてないと思ってた…ホントに諦めかけてたけど、
ここでとうとうチェリーさんをプレゼントできたぜ!
もう誰にも半人前なんて呼ばせねえZE!!
http://zp6mwnm.pen.vecter7.net/
Posted by ありがとう…ありがとう!! at 2011年01月18日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。