2010年07月31日

ツイッターノベル7/21〜7/27

mame.JPG
百編達成記念に作った、作りの荒い豆本。紙が綺麗に揃ってなかったり、予定した順番と全然違う並びになってたり。
自己評価で一定水準以上のものはどっかに転載していく流れにしようか。ブクログのパブーとか。よく知らないけど。

7/21 113
 台所にザムザが湧いた。鈍重なその体を新聞紙で包んで外に捨てに行く。路上は既に捨てられたザムザ達で溢れている。キーキーと鳴くザムザは微量の毒を持つだけの、弱くて脆い生き物だ。逃がしたところで暑さにやられて長くは保たない。彼らは死ぬために生まれたかのように夏に蠢く。

114
「話して」と少年は言った。「もっと」と少女は言った。少年は一週間後敗血症で亡くなり、その死に泣き疲れた少女は眠っているうちに動かなくなっていた。洞窟に閉じ込められた三人の内、一番元気な僕は、あり合わせのハッピーエンドの物語を語り続けた。誰も死なない脳天気な話を。

7/22 115
 ペットボトルの水は生ぬるくなっている。おにぎりは糸を引いている。暑い暑いと口走る男を別の男が殴っている。寒い寒いと叫ぶ男は気が違っている。四十五度の気温の中で理性が溶けていく。涙と汗の区別がつかない。腹を壊した。人が壊れた。明日はさらに五度上がるそうだ。寒い。

7/23 116
 何かに夢中になっている時は、暑さ寒さなんて忘れてしまいます。私は小説執筆に集中して、酷暑を乗り切りました。とはいっても体は蝕まれ、病院に三回運ばれましたが、新人賞を受賞することが出来たので結果オーライです。願わくばこの授賞式が、幻覚ではないことを祈ります。

7/24 117
 若ハゲが深刻だ。風切羽が一枚抜け落ち、うまく空を飛べなくなった。同年代で既にほとんどの羽根が抜け落ちている者もいる。若くして空を飛べなくなった彼らは、全員結婚出来ていない。しかし今さら焦ったところで手遅れなのだ。地道に地に足付けて生きていくしかないのだ。

7/25 118
 あまり腹が減っていないと思っていたのに、何かを口に入れた途端、猛烈な空腹感に襲われる、ということがある。一口だけ飲むつもりだったペットボトルの飲み物を、一息に飲みきってしまうことも。だから僕は誰とも話さず、触れ合わない。人恋しさに狂うこともない。何も起こらない。

7/26 119
 十年振りに再会した幼馴染みの女が体を売っていたので、買った。始めは遠慮がちに左足の小指を。彼女は鉈で小指を切り落とすと、血が付いたままのそれを僕の口に押し込んだ。「もっと丁寧に売るもんだと思った」「どこもこんなもんよ」本当に買いたかった唇にはお金が足りなかった。

7/27 120
 ぶらぶらしてちぎれかけていた右耳がとうとう落ちた。既に新しい耳が芽生えているがまだまだ小さい。大きい音は聞き取れず、微かな物音だけを拾う。蟻の足音、鼠の鼓動。どこかで誰かが声にならない声で「死にたい」と呟いている。とても近くで。とても遠くで。いたるところで。


posted by 泥辺五郎 at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>117
泣いた

初めて読んだけど短いから読みやすいです
Posted by at 2010年08月05日 08:38
>名無しさん

コメントありがとうございます。
117は落語的なオチがあってうまいことまとまってますね。自分の中ではちょっと珍しい部類かもしれません。でも「オチがきちんとあるのは苦手」と自分で決めつけないで、敢えて踏みこむのもいいかもしれませんね。
Posted by 泥辺 at 2010年08月07日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。