2010年05月27日

ツイッターノベル5/19〜5/25

いつの間にか一週間経っていた。おかしいな。
一日一編にこだわりすぎると、「ツイッターノベル一編書いた、今日はもう終わり!」となりやすいので、一編にこだわらないことにした。と思ったら二編書いたの一日だけだった。たまにはガンダム短歌も書いたりした。


5/19
 昔々あるところに誰もいませんでした。そこには何もありませんでした。時間もなく感情もなく、ぼんやりとした空間があるだけでした。そのような状態が数十億年続き、神様は飽きてきました。神様は「まず物語あれ」と独りごちました。すると大爆発が起き、川と桃が生まれました。

5/20
 一日中雨でした、とメールが届く。こちらも雨で、と返すのも芸がないと思い、雨は二日降り続いたと返信した。対抗してか、実は三日三晩雨がやまなくて、と返ってくる。最終的には天地開闢以来雨が降り続いてることになってしまった。すると、本当に雨のやむ気配がなくなってきて。

 老齢にして筆を折った詩人にインタビューをしに行った。「なんだかねえ/何を言っても詩になるのが/嫌になっちまったんだ//こっちは普通に話し掛けてるのに/孫までが/朗読会の聴衆みたいに/神妙にしちまうんだ//おい/頼むよ/取材メモまで/行分けしないでくれないか」

5/21
 靴紐がおどけた。ハメを外して周囲の靴紐にちょっかいをかけるわ、ネクタイに成り代わろうとして首まで伸びてこようとするも届かないわ、踊り出すわ。居酒屋で靴に泡盛をこぼしたのがいけなかったらしい。固結びして大人しくさせようとしてもこちらの鼻を突いてくる。少し可愛い。

5/22
 僕がまだ尻の赤い猿だった頃、友人も恋人も猿で、キャッキャキャッキャと互いのノミを取ったり毛繕いや交尾をしたりして過ごしていた。いつからか尻は青くなり、少年になった僕は異性に声をかけることも出来なくなり、赤くも青くもない尻になった今ではいつも一人で過ごしている。

5/23
 また隕石に屋根を破られた。今年もう三度目だ。人に話を聞くと「子供の頃に一度あったきり」「うちはもう三代やられていない」など、隕石は落ちる相手を選ぶらしい。新人の明石さんなんて「うちなんて毎週落ちてきますよ」と笑顔で言う。結婚すると大変だろうな。ちくしょう好きだ。

5/24
 小学生の頃、通っていた算盤塾に小説教室が併設された。算盤の先生の娘さんが教えていて、彼女に釣られて週二回通った。堅苦しい授業はせず、半分は書き、半分は読む。それだけ。その頃僕が書いた話はどれも未完だったので、大人になった今、続きを書き続けている。まだ終わらない。

5/25
 隣人は全国指名手配中の殺人犯で、時々うちに醤油を借りに来る。「いい加減買いなよ」「でも意外と醤油って使わなくない? ポン酢やマヨネーズばかり」「寿司やお刺身には?」「魚駄目なんだ」「醤油の軽視は料理しないせいだね」「じゃうち来てよ」「通報するよ」「やーめーてー」



posted by 泥辺五郎 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。