2010年05月21日

ガンダム短歌


何かブログ的なことを書こうと思いつつ特に何も思いつかなかったのでガンダムを題材にした短歌を詠むことにした。


ジムを撃ちネモ討ちジェガンも撃墜すガンダムに遭えぬ英雄虚し

ファンネルを飛ばせし強化人間も異性誘うに口ごもりけり

「戦争を終わらせてくる」と言い残しア・バオア・クーへとボールで彼は

大破した百式今は金歯なり 大尉想いてせんべい囓る

琵琶湖にてアッガイ釣りを満喫す リリースせずにその場で囓る

夕陽追い三機のドムが駈けてゆく戦場にても青春はあり

「レウルーラ どうして君はレウルーラ」ラー・カイラムの嘆き宇宙(そら)鳴り

夏場所はダブルゼータが優勝す 決まり手八割ハイメガひねり

ミノフスキー粒子濃いよと聞いたからコロニー落としにうってつけの日

首だけのジオング蹴って歩いてた停戦決まった晴れた日の午後



別に宇宙世紀にこだわるつもりはなかったけど、やっぱり書きやすいんだと思う。


posted by 泥辺五郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。