2010年03月29日

裸にバスケットシューズ

この間読んだ本に宮崎駿監督のこんな癖が書いてありました。

「宮さんは何か大きな問題を抱えていると、それを解消するために、もうひとつ大変な問題を作って、いま抱えている問題を小さくしようとするところがあるんです。つまり、大変なときにもっと大変な問題を持ち出して打開をはかる。」(鈴木敏夫「仕事道楽」より)

最近短編を立て続けにアップしたのは、現実逃避という点においてこれに通じるところがあるのかな、と思ったんだ。ところで何の解決にもなっていない気がするけれど。

泥辺五郎短編集に「裸にバスケットシューズ」、少し前に「夜光髪」「アクロスティック」追加しました。

アクロスティックってのはあいうえお作文みたいな詩の技法というか言葉遊びというか、こういうの。
ど どうしようもない
ろ ろくでなしで
べ べろんべろんに酔っぱらっては
ご ごろごろしている
ろ ロバに踏まれて
う 埋められろ
最近はゲームとかしても全然楽しめないので、じゃあ言葉遊びで遊んでいこうと決めたけど、案の定続いてはいない。
「夜光髪」は、広辞苑の「夜光時計」という項を読んでいる時に、「何か夜に光らせてみよう、よし、髪だな」という流れで。「やこうかみ」か「やこうはつ」かは決めておらず。どのみち語呂は良くない。
「裸にバスケットシューズ」は僕には珍しく、爽やか青春スポーツ部活小説です。

最近絶対加速クレッシェンドQ読破しました。埴谷雄高の「死霊」が好きな人にはお勧めです。レプタイルの一員の元モブキャラ浜中が好きです。


posted by 泥辺五郎 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。