2009年07月29日

僕は、ジャンピング・オナニーをしたことがある

暗い闇の中にずぶずぶと沈み込むような、どうしようもなく救いのない小説を読みたくなって、中村文則の新しく出た短編集を読んでいたら、沈むどころか笑ってしまった。

「世界の果て」所収「ゴミ屋敷」より

「実は、昔……僕は、ジャンピング・オナニーをしたことがある」
(略)
「考えたことがある……。もし空中で射精したら、どうなるんだろうって。……僕は押入れの段によじ登って、そこでオナニーをしたんだ。そして、突き上げてくる射精の衝動を感じた瞬間、僕は飛んだ。何かを、放棄するみたいに。僕は空中で射精し、空中に僕の精液が飛び散った……。でも、わかるかな。ふふふ。先に飛んだのは僕なんだ。僕は激しい腰の痛みと共に、先に地面に落ちた。そして、少し遅れて、精液が落ちてきたんだ、僕の頭上に」
(略)
「あの時、僕は思ったんだ。僕はもう一生、高潔な人間にはなれないって。僕は一生、ジャンピング・オナニーをした人間として、生きていかなければならないって。……あの時の悲しみは、まだ僕の胸の奥にくすぶっている」
(略)
「でももう僕は、何も恐いものなんかない。僕と、ペ、ペッティングしてください!」


中村文則wiki

あと童貞漫画アンソロジーリア充漫画アンソロジーにこっそり参加しています。どちらも桑石先生の次でした。


世界の果て

世界の果て

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本





posted by 泥辺五郎 at 21:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワロタ
Posted by at 2009年07月29日 21:29
可愛いですね。ウウン、性器一つでどれだけ遊べるのか追究したいモノです。
Posted by 織姫 at 2009年07月29日 22:23
>名無しさん
いつもは暗くて救いのない小説書く人なんです。笑えるとは思いませんでした。

>織姫先生
実際のところ自慰は座ってするよりも立ってした方が快感が高まる(より射出感が高まるために、精子無駄撃ちによる罪悪感が減るためか)ので、ジャンピングオナニーにはかなりの快感が伴うのかもしれませんがやはり危険です。
あと、女性の方には「睾丸の左右を入れ替えてみたい」とか笑いながら言う人が稀にいますが、これは危険どころか死ぬ可能性もあります。
あまりおもちゃにして遊ぶよりも、指で優しくもてあそんであげるのが、性器に一番よいと思うのです。
Posted by ジャンピング吉田 at 2009年07月30日 22:33
東野圭吾の「ちゃれんじ?」で語られている、黒田研二流、究極の快楽「飛びながらイク」の話を思い出しました。
黒田研二はジャンピング〜の達人らしいです。
Posted by nabeshiki at 2009年07月31日 00:05
>nabeshiki先生
結構皆さん挑戦なされてるんですね。検索したら2ちゃんのスレが多数引っかかりました。中村文則の公式サイトも引っかかりました。
http://www.nakamurafuminori.jp/novels_list.html
唯一「笑い」を取り入れたと書かれており、やはり意識されていたんだなと思いました。
Posted by 八番ショート吉田 at 2009年08月01日 01:29
やっぱり新都社は変態が多いな。
Posted by at 2009年08月04日 20:29
>名無しさん
多いんじゃないんだ。きっと変態しかいないんだ。人間はみんな変態なんだ。僕はその中でも少しノーマル過ぎて申し訳ないくらいです。
Posted by 人類吉田 at 2009年08月12日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。