2009年05月21日

紙芝居ネーム


漫画のネームを描いたりしてる。でもコマ割りとか流れとかはさっぱりなので、紙芝居形式。

name2.JPG
name1.JPG

漫画描けないくせに漫画になる話を考えていた。小説に変えて「珠玉のショートショート」の方にもう一編、とか思ったけれど、絵ありきのアイデアだったから、文章にしてもどうしても様にならない。表現形態というのは、重ねることが出来る場合もあれば、形を変えると全く生きない場合もある。
たとえば地の文が美しいタイプの小説を映像化しても、魅力を十分には発揮出来ないだろう。絵が魅力的な漫画を小説にしても大抵はうまく行かない(挿絵という手もあるけど)。

話はラストがまだ決まってないけど、完成はさせたい。
いつもやってることと違うジャンルに挑むと、とても刺激になるので楽しい。


posted by 泥辺五郎 at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
            
違うことに挑戦するのは大切ですよね 脳トレになる
    
ところで 鉛筆描きでよければ 挿絵(FA)を描きたいのですけど 何話がいいとかリクエストありますか? 複数でも構いません^^ 
なぜ鉛筆描きなのかというと 鉛筆描きの方がPCで描くよりも画力が安定しているからです でもその前に挿絵を描いていいかどうか了承を取らなくては 
なければ勝手に陵辱します
      

    
Posted by at 2009年05月22日 01:40
挿絵スレで活躍なさっている方でしょうか。ニノベ活性化活動応援しております。

挿絵のようなものを想像しながら書いたのは、最新話「短かった黄金時代」での、幼女時代の純が「開けていーい?」と言いながら、返答を待つまでもなくプレゼントの包装紙をびりびりに破いている場面です。
あとは……今はちょっと思いつきませんが、基本的にオールOKで何でも受け止める気構えです。上述の場面、もしよろしければ、どうかよろしくお願いします。
Posted by 点数計算の出来ない吉田 at 2009年05月22日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。