2010年11月15日

ツイッターノベル216〜222 テーマ「男娼」

文字数を減らす際は一人称を削ることが多いので、「僕」と書かないと語り手が男とわからない話もある。男である必要があったかどうか疑問なものも。


10/29 216
 彼女には中学三年生と小学六年生の女の子がいる。夫は出張先の東北でバイクに追突され、現地で入院している。彼女は死に物狂いになって昼も夜も仕事漬けだ。そんな事情がありながら君を買うの、と迫ってくるが僕はルールに従い本番はしない。ただしその他のあらゆることは指や舌で。

10/30 217
 個人で体を売っていた頃、数少ない顧客を相手に最初はうまくやれていた。だが数が増えれば危険も増す。目隠しをさせて撮影を始める者や、足枷をしてる間に三人目を招き入れる者が現れた。それはそれで興奮もしたが、左耳を切り取られて以来、個人営業はやめにした。右耳も半分ない。

10/31 218
 かつて僕らは親友だった。五年振りの邂逅で話題に不足はなく、お互いの来し方や彼の子供の事や共通の思い出を語り合った。あっという間に一時間が過ぎた。一時間しか過ぎなかった。「延長する?」と聞くと彼は首を振った。楽しかったよ、と言ってくれた。またね、とは言わなかった。

11/1 219
 裸で待つのは寒い。下しそうな腹にバスタオルを巻く。このホテルでは各部屋にエアコンはなく、送風口から一括して風を送っている。暖かくも冷たくもない風がどろりと吹く。ノックの音がする。その遠慮がちな音で誰が来たか知れた。タオルを落とす。もう腹を下す心配はない。どうぞ。

11/2 220
 僕の小説の師匠は、世間から忘れられた恋愛小説家だった。男女の恋愛を描く名手と呼ばれながらも、実際は筋金入りのゲイで、老齢であちらの元気を無くしていたから僕の貞操は守られたけど、あちこち毎日いじられた。訃報は個人的には届いたが、どの新聞も伝えてはいなかった。黙祷。

11/3 221
 友人との約束よりお金の方が大事なので、急に入った仕事を優先させた。馴染みのおばさんは慣れた手つきで値段分きっちり僕を食べた。友人との約束の話をすると「今すぐ行きなさい」と言って尻を叩いてくれた。友人からの着信は七度あったがのんびりと歩いた。予想以上に怒られた。

11/4 222
 前の客の陰毛が歯に挟まったままキスをすると彼女は黙って僕の歯に手を伸ばしてくれた。裸で抱き合っているのにキス以外しなかった。真剣な顔で、好き、と言われると僕も笑って同じ台詞を返した。彼女は会う度同じことを繰り返した。何度凝視しても記憶から抜け落ちる顔をしていた。


posted by 泥辺五郎 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。