2010年06月25日

ツイッターノベル6/16〜6/22

私的ツイッターノベル発想法まとめ
パターン1
「今日のツイノベはどんなのにしよう」とあらかじめ考える。割合低し。
パターン2
その日あった出来事や見聞したことを参考にして小説にする。割合そこそこ。
パターン3
ツイノベでなくただの呟きとして書こうとしたものを、「いっそ小説にしよう」と思いつく。割合たまに。
パターン4
「今日は特にネタがない。しかしとりあえず書こう」「駄目だな、つまらない(ありきたりだな、ワンパターンだな、適当過ぎるな、嫌いなタイプだな、などなど)」「しかし一部は使えるところもある、そこは生かして別の話に」「まだちょっと駄目だな、でも設定を変えれば」「ん、全然関係ない話思いついた、これで行こう」
頭の準備体操になるので、没になるネタであっても考えて損ということはない。このパターンで半分くらいあるんじゃないかな。


6/16 077
 飢えた子供に食糧を送るNGO団体の代表をしていた友人がいる。だがいくら食べ物を与えても飢えた子供の数は一向に減らなかった。子供達を苦しめる元凶は国を荒廃させた政治にある、と結論づけた彼は、今では子供達に武器弾薬を与え、政府転覆を図るテロ組織の幹部に収まっている。

6/17 078
 停電で信号機の灯りが消えることが日常茶飯事になってから、車の運転は命がけだ。ゆっくり走るよりも、警笛を鳴らして暴走した方が目立つので安全だという。歩行者は道路を恐れて老朽化した歩道橋に昇るが、時々崩れる。近頃生まれる赤ん坊には、生まれつき羽根が生えているそうだ。

6/18 079
 賭博に関与していた力士は頭を丸めて反省の意を示すことになった。全力士が坊主頭になったために、髷を結わねばならないという決まりは撤廃された。逆境の今こそ伝統の軛から解き放たれる好機、と見た力士達は廻しを外し、全裸で土俵にあがった。新たなる黄金時代の幕開けであった。

※時事ネタはあっという間に古びるだろうなあ……。

6/19 080
 木も岩も土も採り尽くされ、今では更地となっているかつての山の跡地に、「落石注意」という看板だけが残された。周りには何もないのに時折空から石がぱらぱらと落ちて来ては人を驚かせるという。鹿や猪、時には熊の足跡が残っていることもあるが、その姿を見た人は誰もいない。

6/20 081
 トカゲが窓に貼り付いていた。あまり動かない。喉の動きで生きていることが知れる。「取って」と妻が言う。窓を少し開き手を伸ばすと容易く捕まえられたが、ぬるりと滑り、部屋の床に落ちた。妻は舌を伸ばしてトカゲを捕らえ、そのまま丸呑みにした。「洗いなよ」と僕は少し怒った。

6/21 082
 六歳になる息子は自転車もまだ乗れないのに、ファンネルを飛ばせるようになった。「よその子より早いみたい」と妻は無邪気に喜ぶが、あれは戦争の道具なのだ。よその家の子供を殺す兵器なのだ。「ジオン再興のために僕頑張るよ」と笑う息子に、私は今日も精神強化のための薬を打つ。

6/22 083
 仕事帰りに居読屋で読む小説は格別な読み応えがある。一字一句が体と心に深く染み入るようだ。読後のデザートには最新流行の新書を頼む。小説の時のよう感動はないが新奇な情報に浸れて刺激になる。帰りには息子への土産に小ぶりの絵本を買う。これで計二千五百円だから安いものだ。


posted by 泥辺五郎 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。