2009年09月25日

エッセイ鋳型


「もしもし吉田様のお宅でしょうか?」という間違い電話に対して思わず「はいそうですが」と返事をしそうになった、ラジオネーム点数計算の出来ない吉田ですこんばんは。
基本的にハンドルネームは普通の名前っぽいのにすることが多いのですが、現実に影響が出始めると危ないですね。

小説を書かなきゃなと思いつつうまく書けない日々が続いたので、気分を変えて軽いエッセイ「人亀の産卵」を、「泥辺五郎短編集」の方にアップしました。

近頃は「一日に九つのアイデアを出す」ということをやっています。
以前「一日十個短編のアイデアを出す」という企画を一人でやっていたのですが、長続きしませんでした。今回は小説に限らないことにしました。漫画や映画やCMや音楽のPVといった、自分が作る機会なんて一生なさそうなものでも、そういう形で想像することで、枠に縛られないアイデアが出やすくなります。結局形として結実させるのは小説で、ということになるのでしょうが。

キリがいいというなら一日十個なのですが、九つの場合、三つ三つで区切りやすいのがいいです。一つのアイデアをメモするのに大きく時間は割きません。「今朝見た印象的な夢」「昨日ちらっと思いついたこと」「ぱっと浮かんだ題名から何かしらの話を」でまず三つ。時間を置くなり別のことをするなりした後「映画のワンシーン」「音楽のPV」「今日見た印象的なこと」寝る前に「自分が○○になったことを想像して」「アイデアノートの活用方メモ」「×××と▽▽▽で■■■」といった風にさらさらと書いていきます。一行で終わることもあれば、既に草稿がほぼ出来ているような場合もあります。
それで翌日読み直してみて、さらに発展出来そうなアイデアがあればまたその日の分として新しく一つ加えたり、「結局数出しても使えるネタなんて一日一個あるかないかだな」と実感したりします。

そうしているうちに「これはきちんと作品の形にしたいな」と思えるのが一つ二つ出てくるので、執筆にかかります。そちらに集中したい時は別にアイデア出しをサボってもいいですが、やはり毎日続けた方がよさそうです。

という風に理想的にずっとやれたらいいんだけど。
ちなみに「人亀の産卵」は、このアイデアメモを始めた初日の一番目に書いたのを元にしています。



posted by 泥辺五郎 at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

古い話

訪問者数の15分の1が「ジャンピングオナニー」の検索結果から飛んできた人というブログの管理人をしている吉田ですこんばんは。
残念ながら当ブログではジャンピングオナニーの具体的な方法などについて解説しているわけではないのでご了承ください。また、もし仮にジャンピングオナニーをしてみようとお思いの方がいらっしゃれば、くれぐれも安全面には最大限に注意してお慰めください。少し検索しただけでも、勢い余って骨折といった事例が多々見受けられました。くれぐれもご自愛ください。

というわけで今回も泥辺五郎短辺集の方に、「古い話(短い話三編)」を追加しました。
昭和というか大正というか明治というかそんな雰囲気を意識していますというか、こういった話は以前から結構書いていてというか僕自身の割と自然な書き方というか。

# [13] 泥辺先生の作品は何か絵で言うと鳥獣戯画みたいな小説だよ <'2009 09/06 02:56> Njk/sa.0P
# [12] なんとなく、作品全体に漂うトーンが戦前っぽい感じがするな。ある種の閉塞感というか。>10の言う芥川っぽさとも言えるのかな。 <'2009 09/05 23:27> VppR6d.1P
# [10] 俺の中では、小説を書きたかった猿より好きなんだよな。俺だけかも知れんが芥川龍之介のような雰囲気がいい。ガイコツと話すようなミステリアスかつシュールな雰囲気がね <'2009 08/16 02:27> Tbnx3Yo/P

新都社の若い作家さんたちとは感覚のズレが10年くらいあるとは思っていたけれど鳥獣戯画にまで遡られるとは……。
いや、むしろそれを逆手に取って楽しんでます。

以下趣味続きを読む
posted by 泥辺五郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

短編「美術館に絵でも見に行こう」追加


泥辺五郎短辺集に、「美術館に絵でも見に行こう」を追加しました。試みとして、段落ごとに空行があるバージョンも付記しました。「春江さん」の時のように、語り手が勢いよく喋っていく話なら空行なしの方がいいと思うのですが、読みやすさ、とっつきやすさとしては空行ありの方がいい気もしています。

今回の話は、以前から書こうと思っていた、歌詞からインスパイアされた小説です。曲はTHE MAD CAPSULE MARKETSの「DESTRUCTION AT THE DOOR」です。歌詞全文はこちら。

動画は見つからなかったので、同じアルバム「4 PLUGS」収録「神歌」の方を。


あとFAページを作らせていただきました。読んでくださった、描いてくださった方、皆々様に感謝します。
posted by 泥辺五郎 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。