2009年05月08日

タモツ第八話更新


食いタンのみのタモツ第八話「ドンジャラ良江の探索/伊藤さんの腰つき」更新
http://neetsha.com/inside/main.php?id=6076

麻雀大会小説を書くと決めた時点で考えたことがある。
参加者は四十八人。それだけのキャラがまず必要。
決勝に残る四人を決める。
準決勝に残る十六人もある程度決める。
もちろんこれらはまだまだ変更する可能性は高いもの。

そうした優勝への一本道の他に、本編とは関係のない対局もたくさんあるわけだ。
それを全て省略するか、もしくは好き放題にやるか、という点で、今は後者を選んでいる。
今回はたまたまエロだったものの、サスペンス、アクション、詩的、などいろいろなことを試せる。
それでいて人間ドラマも書いていきたい。
大会という大枠があるから、小枠をいじるのが怖くない。

この連載を始めて、「書くことは楽しい」という原点に立ち戻れた気がする。
まだ始まったばかりで言うことでもない気がするけれど。



posted by 泥辺五郎 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。