2009年05月29日

更新停滞中とか


現在四編同時進行で小説を書いてます。
食いタンのみのタモツ
某所で某小説
公募用に書いてる小説
短編

さらに折を見て新作を考えていたり。
自分は一つに絞り込んでやるよりも、多く手を広げながら、徐々に進めて行くのが性に合ってる。

そう、思っていた時もありました。
結局今はそのうちの一編しか進められておらず、他のはアイデアは出してあるもののほとんど手をつけてない状態。

あと今さらだけで名前ちゃんとした方がいいかな、と思う。
吉田にタモツって、某マイナー業界では超ビッグネームのお二方だったりするって、後から気がついた。

今日の模写 覇記名場面シリーズ 第83話より
IMAGE0001.JPG


作者様が行方不明からご帰還されたそうです。
だけど、それがイコール漫画更新とは繋がらないのが世の常だぜ。
http://haki.fc2web.com/index.html


posted by 泥辺五郎 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

FAを挿絵に


静脈先生から挿絵二枚をいただいたのを機に、マタギ先生、飯倉さわら先生のFAも挿絵として、それぞれ当てはまる回に挿入してみました。
http://neetsha.com/inside/main.php?id=6076

それから、漫画用に考えていた話は、どう考えても作画不可能と思えてきたので、やっぱり小説として書くことに。
絵は、模写は楽しいのだけれど、
IMAGE0096.JPG

本格的に取り組もうとすると、「俺が突き詰めたいのは小説の方なんだ」という気持ちが湧いてきてしまう。


posted by 泥辺五郎 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

紙芝居ネーム


漫画のネームを描いたりしてる。でもコマ割りとか流れとかはさっぱりなので、紙芝居形式。

name2.JPG
name1.JPG

漫画描けないくせに漫画になる話を考えていた。小説に変えて「珠玉のショートショート」の方にもう一編、とか思ったけれど、絵ありきのアイデアだったから、文章にしてもどうしても様にならない。表現形態というのは、重ねることが出来る場合もあれば、形を変えると全く生きない場合もある。
たとえば地の文が美しいタイプの小説を映像化しても、魅力を十分には発揮出来ないだろう。絵が魅力的な漫画を小説にしても大抵はうまく行かない(挿絵という手もあるけど)。

話はラストがまだ決まってないけど、完成はさせたい。
いつもやってることと違うジャンルに挑むと、とても刺激になるので楽しい。
posted by 泥辺五郎 at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。