2010年11月30日

ツイッターノベル テーマ「眠り」(No237〜243)

最近朝晩毎日「太陽をつかんでしまった」を聴いている。それとともに映画「スカーフェイス」のアル・パチーノを思い出している。それで何がどうなるわけでもないけれど。

11/19 237
 傍らで眠る彼女がうなされながら男の名前を呼んでいた。苦しそうなので揺り起こすと、昔殺した男の夢を見ていたという。憎み合う前の幸せなデートの最中に、殺したことを思い出したのだという。起こしてくれてありがとう、と彼女は言い、殺してくれてありがとう、と僕は返した。

11/20 238
 好きな曲をかけてないと眠れないの、と彼女が言う。僕もクラシックを聴きながら眠ることがある。おやすみ、と言って彼女はステレオのスイッチを入れた。マキシマムザホルモンとPANTERAとKORNが朝までリピートされる中、僕は血走る目で彼女の穏やかな寝顔を見つめ続けた。

※ハードコアな友人宅に泊まった折り、PANTERAが延々とかかる中で寝た事実が元ネタ。

11/21 239
 路上で眠るには厳しい季節になってきたのに眠るところが路上しかない。吐き捨てられたガムから砂利を取って口に入れる。煙草臭い他人の唾の味がする。離れたところで夢見る若者がギターを弾きながら希望を歌っているが、それは私かもしれない。今は十年前に見た夢の中かもしれない。

11/22 240
 鏡の前に立ち、指先で目尻を引っぱり強制的にまぶたを閉じる。ウィンクと違って眉が動かないため、自然な形の寝顔になる。半身だけ起き、半身寝ている自分が鏡の中にいる。いっそのこと両眼を寝顔にしてみようともう片方も同じ要領で瞑らせる。おお、僕の寝顔はこんな風だったのか。

※「両眼つぶったら鏡見えへんがな!」というツッコミ待ちだったがツッコミはなし。

11/23 241
 幼い頃、母は子守歌代わりに本を読んで僕を寝かしつけてくれた。絵本などではなく、母自身が今読んでいる小説を読み聞かせてくれたのだ。僕にはまだ早い恋愛や殺人や未来の物語がそこにはあった。「ドグラ・マグラ」の時は表紙の女の人が怖くて、眠くなる前から固く目を閉じていた。

11/24 242
 眠ってるね。そうだね。寒いもんね。母さん寒がりだもんね。血が流れてるね。母さんすぐ鼻血出すから。人の臭いがするよ。母さん人を食べたからね。冬眠にはまだ早くない? 僕ら置いてってるね。母さん動かないね。人の臭いが近付いてきたね。母さん死んでるね。うん死んでるね。

11/25 243
 夢の話は退屈だ。夜に見るものであれ昼に語られるものであれ。悪夢の苦痛を訴えてくる女と理想の結婚像を語る女に挟まれながら、私は昨晩見た夢を思い出している。悪夢女の夫と結婚女の彼氏と同衾していた。目の前の二人の女達は溶けて混ざり合い臭気を放ち始めるがうまく叫べない。




posted by 泥辺五郎 at 20:49| Comment(15) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

ツイッターノベル テーマ「テロ」(No.230〜236)

精神的ストレスゼロの職場はいいね。肉体的なケアは必要だけど。とりあえず給料日までは生きていたいです。


11/12 230
 目の濁った大型雑種犬だった。通学路にある家で飼い殺しにされていた。路上に面した犬小屋で糞の臭いのする巨体を道行く人に晒していた。子供の僕は正義感に駆られて夜中その家に忍び込み、犬の首輪を外し、玄関も開け放った。しかし彼には立ち上がる体力はもう残っていなかった。

11/13 231
 五年前僕らが爆破したビルの跡地で、前よりも高いビルの建設工事が始まった。僕らの犯行は完璧過ぎて、一人の逮捕者を出すこともなかった。あんなに壊したのに、あんなに殺したのに、僕らのことを糾弾する人はいない。「どうしたの?」何も知らない恋人が不思議そうに僕を見つめる。

11/14 232
 テレビニュースが僕のことをテロリスト呼び始めた。万引き犯、暴力主義者、何考えているか分からない人、爆弾魔、人殺し。他人は僕に様々な蔑称をくれる。やりたいことをやってきただけなのに。僕の顔を見た通りすがりの男児が泣き出してしまう。はじめまして。さようなら。

11/15 233
 密かな僕の裏切りにより仲間の一人が殺されたというのに、相変らず他の連中は僕を信用して次の犯行計画を求めてくる。今度の仕事はでかいが危ないぞ、と僕は念を押す。また誰かが失われるかも、と。けれど彼らはむしろ望むところだというように頷く。死にたいんだなこいつら、僕ら。

11/16 234
 常に包丁を振り回す職場にいるが、仕事中揉め事が起きても刃傷沙汰になったことはない。警官が交番の中で上司に発砲しないのと似ているかも。うちをクビになった人が会社に殴り込んできた時も、振りかざしていたのは日本刀だったし、彼を袋叩きにした皆も包丁の存在は忘れていたし。

11/17 235
 僕らは四人だったけど今は三人だ。僕らは小さな武器で、言葉で、世界に反抗した。革命なんて大層なものじゃなく、誰かに僕らの存在を知らしめたいと思っていただけだ。僕らの言葉は大きくならず、むしろ発表するごとに縮まっていって。絶望した一人ほど僕らは現実を認められなくて。

11/18 236
 赤鬼は泣いていた。もう人を殺したくないと嘆いていた。人を殺せる度胸のある人間が減った今でも、死ぬべき人間は幾らでもいた。人に似て人でない鬼達に、人の悪行が押しつけられた。殺した奴に夢で会うから眠りたくない、と赤鬼は言った。構わず僕は次の殺害対象の写真を手渡した。

posted by 泥辺五郎 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

ツイッターノベル223〜229 テーマ「衣服」

ふらふらした浮き草貧乏から低賃金ながらも安定貧乏へと移行出来そうです。体と心を痛めないように気をつけていればどうにかこうにか生きていけます、多分。

11/5 223
 黒い靴はよくないよ。影や夜の地面との境目が曖昧になるから。黒いスーツに黒い革靴の人達は半分闇に溶けちゃってる。歩くのにも生きるのにも大した支障はないのだけれど、稀にふっといなくなる人もいる。明るい色の靴を履いてね。昼間になら、溶け込んでもまだ見つけ出せるから。

11/6 224
 ベランダ間にある仕切りは非常時には打ち破ってもいいのだが、隣の奥さんにとっては「ベランダに物を置きすぎて洗濯物が干せなくなった」が非常事態だったらしい。以来彼女は布団も下着も遠慮なくうちの方に干す。旦那とプチ野外プレイを楽しむこともあり、時には僕も呼ばれる。

11/7 225
 祖父はかつらのことを「帽子」と呼んでいた。本当の帽子を被ると、脱がなければ失礼な場面もままあるが、かつらならいつでもどこでもつけていられるから。戦争中、頭に重症を負い、酷い傷痕が残り髪の毛も生えなくなってしまった祖父は、七種類のかつらを作って人生を謳歌していた。

11/8 226
 古着屋に古着を買いに来る客は当然身なりを古着で固めていることが多いため、どこか似た雰囲気がある。いい古着は見つからなかったものの、客の着ている古着がどうしようもなく欲しくなることもしばしば。その際は相手も同様の気持ちでいたならばその場で脱いで交換することも多い。

11/9 227
 平凡な肩紐かけのエプロンなのに、片方の紐がずれ落ちているだけでキャミソールに見えてくる。服の上から着ているのに、服の下の裸も知っているのに、紐がずれただけでどうしてこんなに興奮出来るのか。「裸エプロンでもしてほしいの?」と彼女が聞く。違う、そのままでいいんだ。

11/10 228
 うちの畑のカカシには様々な衣装を着せている。学ランを着せても無反応だったのに、セーラー服を着せると苦情が殺到した。アニメのコスプレをさせてネットで話題になったことも。この間の台風でカカシの服が全て吹き飛ばされると、彼らは胸と股間を隠すように竹製の手を曲げていた。

11/11 229
 ガラスが割れ、長針もなくなり、動かなくなった腕時計を眺めている。僕の腹を撃った男がしていた腕時計はきっと防弾仕様になっていて、簡単には壊れたりしないだろうな、なんてどうでもいいことを思う。動かない時の中でも僕の腹からとめどなく血がこぼれていく。もう、時間はない。


posted by 泥辺五郎 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。